> サイト設立趣旨

サイト設立趣旨

交通事故に遭っておケガをされた場合、おケガでの苦痛だけではなく様々な負担が、本人ご家族に降りかかって参ります。
特に、脳を損傷して高次脳機能障害の症状が残存した場合は、治療やリハビリのことだけではなく、退院後の自宅での家族の受け入れ態勢や、仕事について、今後将来についてのこと等様々な心配や不安が積み重なります。
もちろん、損害賠償の請求やその前提となる後遺障害等級の認定手続きなども大変なご負担になるものと考えます。
当ネットワークは、高次脳機能障害や交通事故問題に精通した各専門家だけが全国から集い患者様・ご家族様の支援体制を構築することにより、少しでも前述のようなご負担を軽減させることにより、治療やリハビリに専念できる環境を整えることを目的として立ち上げることとなりました。
近年、インターネットサービスの普及に伴い、各専門家事務所のサイトも似た内容のものが多くなり、サイトの情報だけでは判断が難しくなってきております。
交通事故や高次脳機能障害に関する交渉や手続きの結果は、今後将来にわたってご本人やご家族の人生を大きく左右すると言っても過言ではなく、専門家選びは決して安易にすべきではないと考えます。
ゆえに、当ネットワークでは、全てにおいてご本人ご家族の立場に立って考えることを心がけ、相談者様、ご依頼者様にとって最良の専門家だけが参加するネットワークを目指し、また皆様に認めていただけるよう努めています。

TOPへ