> > 障害年金

障害年金

障害年金は初診日(受傷日)に公的年金(障害基礎年金・障害厚生年金・障害共済年金)を納付していて3分の1以上の滞納がないなどの要件を満たしている方が対象となります。(未成年者の場合は無条件で対象となります)
障害基礎年金は1級・2級、障害厚生年金・障害共済年金は1級・2級・3級まであり、それらに該当すると障害年金が受給できるようになります。
高次脳機能障害による後遺障害も勿論対象になるのですが、自動車保険の後遺障害認定と同様、年金事務所や市区町村役場の認定を受ける必要があります。
初診から1年6ヶ月経過した日が障害認定日となり、それ以降に申請が可能になりますが、例外もあります。
障害年金は自動車保険で補償を受けることで一時的に調整されることがありますが、基本的に症状が残存している限り、老齢年金受給時まで受給することが可能ですので、自動車保険にプラスして受給できるように認定を受けることが望ましいです。

障害年金の申請はご本人やご家族でもできますが、適切な認定を受けるためにはやはり専門家である社会保険労務士によるサポートを受けることが必要です。

TOPへ