> > 弁護士事務所に直接依頼する場合とどう違うのですか?

よくあるご質問

Q

弁護士事務所に直接依頼する場合とどう違うのですか?

A

弁護士は損害賠償請求が専門となります。
被害者の代理人として加害者側損保会社と交渉ができますので、全てを最初から丸投げで任せたいという場合には合っているかもしれません。
しかしながら、後遺障害認定や障害年金の手続きについては関知していない弁護士事務所も多く、当事者様やご家族が常に情報を入手すべくアンテナを張っていないと、思わぬ失敗をしてしまうこともありえます。

当ネットワークを介してご相談・ご依頼を頂いた場合は、すべてのケースにおいて、常に当ネットワークで当事者様・ご家族のおかれている状況やご相談内容を管理し、弁護士・行政書士・社会保険労務士の間で連携をとることで損害賠償請求以外の情報も常にもれなく提供することが可能です。

さらに当ネットワークでは、各士業による業務に関する手続き・情報だけでなく、一般社団法人高次脳機能障害ネットワークとの連携により、ご希望があれば、“当事者・ご家族の日常生活面”についてアドバイス、以前に経験したご家族からのアドバイスなども受けることが可能です。
高次脳機能障害に関するあらゆる情報を適切に提供できることが私たちの強みです。

尚、交通事故に伴う高次脳機能障害の相談先の種類、それぞれの比較についてはこちらにて詳しくご説明しております。

TOPへ